企業風土活性化コンサルティングのプロジェクトマネジメント方法論 A Project Management Methodology for Activating Corporate Culture by Consultation

Access this Article

Author(s)

Abstract

本論文の目的は, 企業風土を活性化する経営コンサルティングのプロジェクトマネジメント方法論を提案し, 実践を通してその有効性を検討することである. 経営コンサルティングは, 時間制約の下で付加価値を提供することが期待されているため, 適切なプロジェクトマネジメント方法論が必要である. しかし, その方法論は形式知として体系化されているとは言えない. 本論文は, 従来の属人的であった経営コンサルティングのプロジェクトマネジメント方法論を体系化するだけではなく, ソフトシステム方法論を用いて, 特に企業風土活性化のために発展させたモデルとして提案する. そこでは, 筆者らが実務で使用する問題点整理マップや企業風土定量化の枠組みが, 思考や言葉遣いを統合するフォーマットとして用いられる. さらに, 実際に提案する方法論を実践し, その有効性を確認する.

The purpose of this paper is to propose a project management methodology for activating corporate culture for Japanese companies and to argue its validity through some practices. Although appropriate methodologies are absolutely necessary for management consulting projects under time constrains, almost no project management methodologies for consultation have been systematized as formal knowledge so far. The paper proposes a systematized methodology, called SSM-PM, for efficient consulting project management by activating the corporate culture. The methodology employs soft systems methodology (SSM) combined with the “issue maps” and “quantitative analysis frameworks” of corporate culture for integrating thoughts and languages of the participants, so that it can support efficient promotion of the project. We also apply it to a consultancy case of a Japanese manufacture company.

Journal

  • Proceedings (National Conferences of The Society of Project Management)

    Proceedings (National Conferences of The Society of Project Management) 2003(0), 32-32, 2003

    The Society of Project Management

Codes

Page Top