インテリア雑貨としての観葉植物の生育特性に関する研究 Effect on Growth of the Foliage Plants as Interior Goods under Different Management

この論文にアクセスする

著者

抄録

インテリア雑貨としての植物を健全に生育させる管理条件を明らかする目的で、流通量の多い観葉植物5種を用い、異なる環境下で一定期間管理し、その生育の差異を光合成速度・SPAD値・葉量・枯死率などから比較した。その結果、光条件の違いが草丈・葉量などの成長量に大きく影響し、潅水頻度の違いはその個体の枯死率を左右することが認められた。その影響の度合いは種類によって異なり、ドラセナ・サンデリアーナとドラセナ・マッサングアナは、どの試験区においても比較的管理が容易であるといえた。フィカス・プミラは潅水よりも光条件の違いが生育や生理機能に影響を与える傾向がみられた。逆にフィットニアは、こまめな潅水管理を施せば環境に関係なく一定の生育が見込まれた。クロトンは設置環境および潅水管理、共に配慮しなければ枯死させてしまう可能性が非常に高いことがわかった。

This study has aimed to clarify the management condition for the foliage plant as the interior goods to grow healthily. Under a different environment, five kinds of the foliage plant; Dracaena sanderiana, Ficus pumila, Dracaena fragrans cv."Massangeana", Fittonia verschaffeltii, Codiaeum variegatum compared differences of the growth from the photosynthesis ratio, the SPAD value, the amount of the leaf etc. As a result, it has been understood that the difference between the large influence of the difference of a light condition on the amount of growth, and frequency of watering produces a big influence on the mortality rate. The influence was different depending on the kind of the foliage plant. The management of Dracaena sanderiana and Dracaena fragrans cv."Massangeana" was comparatively easy. The difference of a light condition much influences growth of Ficus pumila. The management of water condition much influences growth of Fittonia verschaffeltii. The management of Codiaeum variegatum was difficult, because both water and light condition was much influences for its growth and mortality rate.

収録刊行物

  • 日本造園学会 全国大会 研究発表論文集 抄録

    日本造園学会 全国大会 研究発表論文集 抄録 2006(0), 21-21, 2006

    社団法人 日本造園学会

各種コード

ページトップへ