河川中の溶存窒素除去に及ぼす河岸過程の定量的評価  [in Japanese] Estimation of hyporheic process including nitrogen disappearance in the urbanizing river  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

<BR>1.はじめに<BR> 河川の流下にともなう窒素の自然浄化機能は、従来から指摘されてきている(Burt et al., 1993; 宗宮,1993など)。しかし、河川中での地下水との水の出入りや、大気や植物などとの物質の出入り、河川中での物質輸送量の推定法に含まれる誤差など、不確定要素が多く残されていたため、必ずしも十分に評価されてきたとはいえない。<BR> 本発表では、昨年の浄化機構に関する報告に引き続き、特に、窒素除去に及ぼす河岸過程を定量的に評価することを目的とした。<BR> 図1 試験流域<BR><BR>2.研究地域及び方法<BR> 本研究では、広島県のほぼ中央部を流れる黒瀬川を対象とした。河川延長50.6km、流域面積238.8km<sup>2</sup>の二級河川である。本河川は、東広島市の並滝寺池を源とし、西条盆地、黒瀬盆地を南流し、呉市広で瀬戸内海に注いでいる。地質は主に広島花崗岩類などからなる。観測地点は源流より約20km流下した付近である。図1中のBでは、東広島市の下水処理水が流入している。特に、窒素処理は十分ではないため、そのアンモニア濃度は高く、これより下流側で浄化量を定量するには適した場所である。そこで、A~Hにおいて、流量観測及び採水を行った。C,E,G地点付近では河岸中の地下水の採水を行い、特にG地点付近では、河岸の樹木周辺で採水を行った。<BR><BR>3.結果と考察<BR> A地点からH地点までのフラックスの変化は、河岸過程による窒素浄化量が有意であることを示した。河岸における過程としては、脱窒および植生による吸収が挙げられるが、植生による吸収については、夏季に明瞭な効果が認められた。<BR> 図2は、樹木周辺の溶存窒素濃度分布である。図中には流動方向を矢印で示した。図から、樹木による吸収の効果が確認される。

Journal

  • Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers

    Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers 2007s(0), 119-119, 2007

    The Association of Japanese Geographers

Codes

Page Top