洪水ハザードマップに対する住民の意識:富山県射水市新湊地区の事例  [in Japanese] The awareness of the floods hazard map:A Case Study at Shinminato district Imizu city  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

<BR> 水防法の改正に伴い、洪水ハザードマップは全国各地で作成され、配布されている。しかし、住民の認知度はどの程度のものなのだろうか。また配布されたハザードマップに対してどのような意識を持ち、その意識は居住地の土地条件により異なっているのだろうか。<BR> そこで、2006年5月に「射水市 新湊地区 庄川・小矢部川洪水ハザードマップ」が配布された富山県射水市新湊地区1万世帯に対して、アンケート調査を実施し、ハザードマップの認知度を明らかにするとともに、配布されたハザードマップに対して、住民が持つ意識とその意識の居住地による差異を検討する。<BR> その結果、ハザードマップの認知度は、概して低く、また、洪水の危険度が高いと予想される地域と危険度の低いと予想される地域の間でハザードマップの認知度に差異がないとの結果となった。<BR> 洪水ハザードマップが様々な形で身近に活用されることで、住民のハザードマップに対する認識は高まっていくものと考えられる。

<BR>Recently, many local goverments have made the floods hazard maps because of the flood prevention law revision. How does people feel these flood hazard map and does they change the awareness of the land which they live? We made questionnaire survey about the people's awareness of hazard map at the Shinminato district on Imizu city, Toyama Prefecture.<BR> The perception rate of hazard maps are not high, 60%. The ratio is not different between dangerous area of flood disaster and safety area.

Journal

  • Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers

    Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers 2008s(0), 202-202, 2008

    The Association of Japanese Geographers

Codes

Page Top