エージェント・ベースト・アプローチのビジネス教育における可能性の検討 An Examination of the Educational Effects of the Agent Based Approach in Business Administration Education

Access this Article

Author(s)

Abstract

この発表では研究方法として近年注目されているエージェント・ベースト・アプローチによるシミュレーション(マルチエージェント・アプローチ)が、社会人教育においてどのような教育効果をもたらすのかを検討した。エージェント・ベースト・アプローチによる教育は、従来の教育方法として定着している、講義及びケース授業(討議)がもつ効率的学習と気づき効果を提供するのみならず、意思決定プロセスの総合的疑似体験を可能にしていた。加えて、理論の理解という点でも、概念的なレベルのみならず、より詳細な検討の中で、現実の現象との関係付けの中から理論を具現化し、現実のビジネスで利用可能なレベルまで落とし込むことが可能になる。したがって、意思決定能力を養成することを第一義としている経営分野の社会人教育のために、新しい教育方法として有望といえる。

We examined the educational effects of the Agent Based Approach (ABA), which is attracting attentions as one of new research methods recently, in business administration education for practitioners. We found that the ABA not only offers effective learning and enlighten effects that traditional approaches, such as the lecture and the case method, provide, but enables students to experience the overall decision making processes vicariously. In addition, the ABA is effective in understanding existing theories in business administration fields. We concluded, therefore, that the ABA is a promising new teaching method in business administration education for practitioners where the primary interest lies in acquiring good decision making skills.

Journal

  • Abstracts of Annual Conference of Japan Society for Management Information

    Abstracts of Annual Conference of Japan Society for Management Information 2003f(0), 20-20, 2003

    THE JAPAN SOCIETY FOR MANAGEMENT INFORMATION (JASMIN)

Codes

Page Top