アマ由来のω3脂肪酸不飽和過酵素遺伝子を導入したウシ筋衛星細胞によるクローン胚の発生  [in Japanese] Development of cloned bovine embryos withmuscle satellite cells transfected with omega3 fatty acid desaturase gene from flax seeds.  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 印藤 頼子 Indou Yoriko
    • 近大生物理工 Division of Biological Science, Graduate School of Biology-Oriented Science and Technology, Kinki University
    • 入谷 明 Iritani Akira
    • 近大生物理工|近大、近大先端技術研 Division of Biological Science, Graduate School of Biology-Oriented Science and Technology, Kinki University|Institute of Advanced Technology, Kinki University
    • 阿部 悠季 Abe Yuki
    • 近大生物理工 Division of Biological Science, Graduate School of Biology-Oriented Science and Technology, Kinki University
    • 佐伯 和弘 Saeki Kazuhiro
    • 近大生物理工|近大、近大先端技術研 Division of Biological Science, Graduate School of Biology-Oriented Science and Technology, Kinki University|Institute of Advanced Technology, Kinki University
    • 松本 和也 Matsumoto Kazuya
    • 近大生物理工|近大、近大先端技術研 Division of Biological Science, Graduate School of Biology-Oriented Science and Technology, Kinki University|Institute of Advanced Technology, Kinki University
    • 細井 美彦 Hosoi Yoshihiko
    • 近大生物理工|近大、近大先端技術研 Division of Biological Science, Graduate School of Biology-Oriented Science and Technology, Kinki University|Institute of Advanced Technology, Kinki University

Abstract

最近,ガン,血栓性および炎症性疾患に対するn-3系不飽和脂肪酸の予防効果が知られるようになり,これらの摂取が推奨されている。最近,畜肉でのn-3系不飽和脂肪酸の増加を目的に線虫のn-3系脂肪酸生成に関わる酵素遺伝子(hfat-1)をブタに導入することでn-3系脂肪酸を増加できることが報告された。本研究では,植物(ベニバナアマ)由来のn-3系脂肪酸の生成に関わる酵素ω3脂肪酸不飽和化酵素(<I>FAD3</I>)遺伝子をウシ筋衛星細胞に導入し細胞内での機能的な発現を検討すると共に,それら細胞を用いてクローン胚を作製し,胚の体外発生および胚内での<I>hFAD3</I>の発現を検討した。<BR>まず,アマ由来の<I>FAD3</I>を,哺乳動物細胞で高発現させるためにコドン使用頻度を哺乳動物型に改変した遺伝子(<I>humanized FAD3, hFAD3</I>)を作製し,<I>pCAG/hFAD3/IRES/EGFP(neor)</I>ベクターを構築した。この<I>hFAD3</I>発現ベクターをウシ筋衛星細胞に導入し,安定的に導入された筋衛星細胞を得た。これら細胞を脂肪細胞へ分化させ,その脂肪酸組成を解析した。その結果,ドコサペンタエン酸(DPA, 22:5)やドコサヘキサエン酸(DHA, 22:6)などのn-3系脂肪酸が、12.5%と対照区の9.1%に比べ,約2.4%増加していた(P<0.05)。また、FAD3の基質であるリノール酸は対照区の12.4%に対し9.4%と,3%減少していた(P<0.05)。次に,これら細胞を用いクローン胚を作製した。胚盤胞への発生率は21%と対照区の非遺伝子導入細胞によるクローン胚の35%と比較してやや低かったものの有意差は認められなかった(P>0.05)。また、これら発生した胚盤胞期の遺伝子導入クローン胚のEGFP蛍光を観察したところ,全ての胚でEGFP蛍光が認められた。このことから,導入遺伝子が胚内で発現していることが推測でき,それら発現細胞により作製したクローン胚が非遺伝子導入細胞と同等に発生することが示された。

Journal

  • The Journal of Reproduction and Development Supplement

    The Journal of Reproduction and Development Supplement 100(0), 12016-12016, 2007

    THE SOCIETY FOR REPRODUCTION AND DEVELOPMENT

Codes

Page Top