技術連関分析手法を用いた安全性研究の途上評価 Ex-post evaluation of safety research by technology interaction analysis

Access this Article

Author(s)

Abstract

原研(JAERI)、オークリッジ国立研究所(ORNL)及びカールスルーエ研究所(FZK)で実施された水炉安全性研究について、3研究所においてどのような中核技術が25年間で形成され、研究所としての特色が構築されてきたのかを技術連関手法により途上(追跡)評価する試みを実施した。

Journal

  • Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan

    Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan 2006f(0), 44-44, 2006

    Atomic Energy Society of Japan

Codes

Page Top