原子炉の熱を利用したジメチルエーテルの水蒸気改質による水素製造法の開発(2) Hydrogen Production from Dimethyl Ether Steam Reforming with Heat of Nuclear Plant (2)

Access this Article

Author(s)

Abstract

水素は、将来広く適用が予想されるエネルギー媒体のひとつである。この水素製造工程の熱エネルギー源として、原子炉の熱利用を行う点に着目し、原子炉温度近傍で水素生成の可能性がある次世代燃料のジメチルエーテル(DME)の適用性の検討を行った。DMEの水素生成促進材料として、銅-亜鉛/アルミナ触媒を開発し、DME水蒸気改質反応による水素生成能の評価を行った。蒸気を熱源とする蒸気加熱型改質器において、反応温度300℃前後で,80%以上の水素生成率を得た。

Journal

  • Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan

    Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan 2005s(0), 230-230, 2005

    Atomic Energy Society of Japan

Codes

Page Top