超音波流速分布計測法を用いた流量計測手法の開発:(26) 複測定線計測を用いたUDMとTOFの評価 Development of flow rate and profile measurements using ultrasonic Doppler method:(26) Evaluation of UDM and TOF using Multiline measurement system

Access this Article

Author(s)

Abstract

伝播時間差式(Time of Flight; TOF)超音波流量計は,流速分布に依存する流量補正係数を用いているため,原子力発電プラントの高経年化に伴う流速分布の変化が生じた場合,流量指示値が見かけ上増減し,安定した高精度流量計測を圧迫する懸念がある.そこで本研究では流量補正係数を必要としない超音波ドップラー法(Ultrasonic Doppler Method; UDM)を利用して,超波流速分布計測法を用いた高精度流量計測手法の開発を行っている.本報では,UDMを用いたTOF流量補正係数のキャリブレーション効果を比較的大きな流れ場変化でも有効であることを確かめるため,UDMおよびTOF双方の複測定線計測結果から評価を行った.

Journal

  • Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan

    Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan 2005f(0), 197-197, 2005

    Atomic Energy Society of Japan

Codes

Page Top