サイクリックボルタンメトリーを用いた血液の照射効果の検討  [in Japanese] Study of irradiation effect on blood by Cyclic voltammetry  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 横山 和也 Yokoyama Kazuya
    • 大阪大学 工学研究科 環境・エネルギー工学専攻 Division of Sustainable Energy and Environmental Engineering Graduate School of Engineering Osaka university
    • 三島 史人 Mishima Fumihito
    • 大阪大学 工学研究科 環境・エネルギー工学専攻 Division of Sustainable Energy and Environmental Engineering Graduate School of Engineering Osaka university
    • 秋山 庸子 Akiyama Yoko
    • 大阪大学 工学研究科 環境・エネルギー工学専攻 Division of Sustainable Energy and Environmental Engineering Graduate School of Engineering Osaka university
    • 西嶋 茂宏 Nishijima Shigehiro
    • 大阪大学 工学研究科 環境・エネルギー工学専攻 Division of Sustainable Energy and Environmental Engineering Graduate School of Engineering Osaka university

Abstract

アスコルビン酸(ビタミンC)点滴は抗酸化作用によって免疫力を高めることでガン予防の作用がある。しかし、その機構は十分に解明されていない。そこで、酸化還元反応を高感度に測定できるサイクリックボルタンメトリー(CV : Cyclic Voltammetry)を用いて、血液にγ線照射して定量的に酸化ストレスを発生させ、アスコルビン酸の有無によって血液中の抗酸化作用における影響を検討した。

Journal

  • Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan

    Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan 2010s(0), 644-644, 2010

    Atomic Energy Society of Japan

Codes

Page Top