研究開発を成功に導く人材:ブーストゲート法における人材研究 Human Resources Bringing Success of Research and Development: Human Resource Study in Boost-Gate Model

Access this Article

Author(s)

Abstract

研究開発プロセスにおいて、有望なテーマを絞り込む方法として、ゲート機能が有効であり、多くの企業で採用され運営されている。一方、イノベーションを実現するキーパーソン人材として、アイデアの種を擁護するプロダクト・チャンピオンや、連続的に市場での成功をもたらすシリアル・イノベーターに関する研究が行われてきた。本研究では、ブーストゲート法を採用している食品メーカーK社において、キーパーソン人材を探索し分析を行い、研究開発を成功に導く人材によるゲート機能の研究を行った。本稿は、イノベーションを起こす研究開発者や支援者の人材像を掘り下げたものであり、その人材条件を例証し、研究を事業に繋げる実践的なプロジェクト・マネジメント手法を提案するものである。

In the research and development process, the "Boost-Gate" function has gathered increasing attention by many companies as a valid method of filtering out promising themes out of a variety of alternatives. Also, a great deal of research has been conducted on Serial Innovators, who provide continuous success in the market, and Product Champions, who advocate on behalf of new ideas, as key persons to achieve radical innovations. After searching and analyzing key individuals within the human resources of food manufacturer K, the gate function played by these individuals that lead to the success of the research was then researched. The goal of this study is to illustrate the conditions of human resources and to propose practical project management techniques for businesses. Therefore, the results present a deeper understanding of R&D personnel and their supporters in leading a series of innovations.

Journal

  • Journal of International Association of P2M

    Journal of International Association of P2M 10(2), 127-148, 2015

    International Association of P2M

Codes

Page Top