状況マネジメントのための動的対応シナリオ生成手法に関する基礎的研究  [in Japanese] Fundamental Study on Dynamic Response Scenario Generation for Situation Management  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

プロジェクトミッションはプログラムミッションが分割されて設定される。この構造がプログラムの下で3Sプロジェクト(スキーム、システム、サービス)を通した価値の創出を方向付けている。計画を策定する一方、3Sプロジェクトと上位・下位プログラムを取り巻く状況は初期の想定と変化する可能性がある。これは、初期に計画を作成する際には不確定要素が多いためである。したがってP2Mでは、状況変化への対応方策を用意する必要がある。このため本報では、P2Mのリスクマネジメントの概念を拡張して、プログラムがSWOT構造とIDEF0に基づいて状況判断をすることで動的対応シナリオを生成し、状況マネジメントを行う手法を検討したので報告する。

Each project mission is made from the breakdown of the Program Mission. Under the program, this breakdown structure directs the new value creation through 3S project (scheme, system, service). Under a lot of uncertainties at the earliest stage of the program, the project baseline has a possibility to change. Therefore, under P2M framework, situated actions that cope with the uncertainties have to be planned for recovery. In this paper, the authors propose a situation management methodology extended concept of P2M risk management that assesses possible situations by generating dynamic response scenarios based on SWOT (strength, weakness, opportunity, threat) structure and IDEF0.

Journal

  • Journal of International Association of P2M

    Journal of International Association of P2M 9(2), 237-254, 2015

    International Association of P2M

Codes

Page Top