アメリカ図書館協会『戦後公立図書館基準』(1943年)の成立過程::量的基準を中心に  [in Japanese] The Development of "Post-War Standards for Public Libraries" (ALA, 1943) and Quantitative Standards  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

<p> 本論文は,アメリカ図書館協会による初めての本格的な図書館基準である『戦後公立図書館基準』(1943年)の成立過程を明らかにする。1920年代から基準の作成が始まり,1921 年の評議会決議と「公立図書館基準」(1933年採択,1938年改訂)を経て,『戦後公立図書館基準』に至る。そこでは,サービス人口1人当たりの図書館費1ドルという量的基準が重要な論点であり続けた。小規模コミュニティの公立図書館にとって,この基準が過重負担になることを受けて,行政枠の拡大を求める点も共通していた。この対処法は後の基準でも争点になるものであった。</p>

Journal

  • The Library World

    The Library World 69(6), 326-339, 2018

    Nippon Association for Librarianship

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130007384800
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00173287
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • ISSN
    0040-9669
  • NDL Article ID
    028848650
  • NDL Call No.
    Z21-131
  • Data Source
    NDL  IR  J-STAGE 
Page Top