理科の観察や実験に対する教員養成学部生の意識  [in Japanese] The Undergraduate Student's Cognition about Observations and Experiments in School Science  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

<p>本研究では,小学校理科における学習内容や観察や実験,さらには,観察や実験で 必要な技能に対する小学校教員免許取得希望学部生の意識を調査した.調査の対象は,Y 県内の小学校教員免許取得希望の大学2年生78 名である.調査時期は,2017 年7 月であった.学生は,まず,第3 学年の「昆虫と植物」の学習内容を得意であるや十分に理解していると考えていた.一方で,第6 学年の「月と太陽」の学習内容を苦手や十分に理解していないと考えていた.次に,磁石の性質に関する実験を得意であるや十分に理解していると考えていた.一方で,天体の動きや電気の性質に関する実験を苦手や十分に理解していないと考えていた.そして,小学校理科で必要となる技能として「薬品の取り扱い」や「電気器具の取り扱い」などを苦手や 十分に理解していないと考えていた.</p>

Journal

  • JSSE Research Report

    JSSE Research Report 32(3), 61-64, 2017

    Japan Society for Science Education

Codes

Page Top