2011年の原発事故から5年—農業環境・農作物・農業経済の変遷と課題—  [in Japanese] Change and issues of agricultural environment, products and economies after 5 years from the FDNPS accident  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

2011年3月の東京電力福島第一原子力発電所の事故によって福島県を中心とする農業は大きな打撃を受けた。事故から5年が経過し,農業環境において様々な放射性物質の低減化対策が検討され,農産物中濃度は基準値を充分に下回るようになった。これまで5年間にわたり研究が進められてきた農業環境における低減化対策とその効果,農業環境における放射性物質の現状と将来予測,作物摂取による被ばく線量評価,また,原発事故がもたらした農業経済への波及と回復等について,更には今後の課題や営農再開に向けた取り組み等について紹介する。

Journal

  • Japanese Journal of Soil Science and Plant Nutrition

    Japanese Journal of Soil Science and Plant Nutrition 88(4), 352-360, 2017

    Japanese Society of Soil Science and Plant Nutrition

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130007394637
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00195767
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • ISSN
    0029-0610
  • NDL Article ID
    028470598
  • NDL Call No.
    Z18-331
  • Data Source
    NDL  J-STAGE  JASI 
Page Top