生育時期別に異なる高さで測定した携帯型NDVI測定機によるNDVI値と極穂重型水稲「いわいだわら」の窒素栄養指標値との関係  [in Japanese] Relationship between nitrogen status in rice plants (<i>Oryza sativa</i> L.) of super-heavy panicle type cultivar "Iwaidawara" and NDVI readings temporally measured at different heights by handheld active NDVI sensor  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本携帯型NDVI測定機では,作物から60~120cmの高さで測定するのが適当とされている。しかし浪川ら(2016)は,水稲を対象に人が持って作業する上では,草丈が高くなるとこの高さでの測定は困難であることを認め,作業性を考慮して地際から95cmと105cmの高さで測定した結果,105cmの方が窒素吸収量との相関が高いことを明らかにした。これに加えて,著者らが他の試験圃場で測定を試みたところ,作物から60~120cmの高さの範囲ではあっても,生育初期には105cm高の測定において遠隔エラー(対象物との距離が離れすぎ)となり,測定できない場合があった。これは状況に応じて測定する高さを調整する必要があることを示唆している。そこで,極穂重型品種である「いわいだわら」において,3段階の高さで本携帯型NDVI測定機により測定したNDVI値と窒素栄養指標値(草丈×茎数×SPAD値)との関係を検討した。

Journal

  • Japanese Journal of Soil Science and Plant Nutrition

    Japanese Journal of Soil Science and Plant Nutrition 89(2), 146-151, 2018

    Japanese Society of Soil Science and Plant Nutrition

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130007394666
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00195767
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • ISSN
    0029-0610
  • NDL Article ID
    028996474
  • NDL Call No.
    Z18-331
  • Data Source
    NDL  J-STAGE  JASI 
Page Top