初等・中等教育におけるテクニカルコミュニケーション知識・能力:− 大学におけるテクニカルコミュニケーション教育の改善に向けて The knowledge and abilities for technical communication in the primary and secondary education:- towards improvement in education on technical communication in university curriculum

この論文にアクセスする

著者

抄録

本論文では,テクニカルコミュニケーション(TC)教育者が大学生である学習者の TC 知識・能力を俯瞰でき,学習者は自らの TC 知識・能力を俯瞰できることを目的として,初等・中等教育における教育内容に含まれる TC 知識・能力を明らかにした.具体的には,テクニカルコミュニケーター専門課程において習得を求められる「知識と能力」と初等・中等教育の全教科における教育事項との比較・対応づけを行った.その結果,教科「情報」においては「企画・設計」,「情報アーキテクチャー」,「コンプライアンス」分野における TC 知識・能力が,教科「芸術」においては「デザイン・表現設計」,「異文化理解」分野における TC 知識・能力が教育内容に含まれていることなどがわかった.これにより,TC 教育者には学習者の知識と能力に配慮した効率よい TC 教育が可能となり,学習者は自らの知識と能力のうち,どれが TC 知識・能力につながるか理解し踏まえた上での有機的な学習が期待できる.

To find the duplication of technical communication educational program in higher education with curriculum in primary and secondary education, we compared contents of "knowledge and abilities" educated in Technical Communication Comprehensive Program with educational matters of "Gakushuu Shidou Youryou (course of study)" in primary and secondary education in Japan. The results showed that in the subject "Joho"(Information), fields of "Information gathering and analysis", "Information architecture" and "Compliance" of "knowledge and abilities" for technical communication are included in the primary and secondary educational matters. Because of these results, it is expected the teachers on technical communication can educate efficiently considering knowledge and abilities of the learners on technical communication in university curriculum, and also expected the learners on technical communication can recognize the knowledge and abilities related to technical communication knowledge and abilities in their own, so they can study organically.

収録刊行物

  • 情報メディア研究

    情報メディア研究 17(1), 18-35, 2018

    情報メディア学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130007396426
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1348-5857
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ