日本における12ステップ系セルフヘルプグループの開催決定要因――都道府県別ミーティング月間開催時間の量的分析から―― Factors That Have Affected Twelve-step Self-help Group Meetings in Japan: A Quantitative Analysis of the Total Monthly Meeting Lengths in Each Prefecture

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 長縄 洋司 NAGANAWA Yoji
    • 東洋大学大学院福祉社会デザイン研究科ヒューマンデザイン専攻(博士前期課程修了)

抄録

<p>アルコール健康障害対策基本法の策定,刑の一部執行猶予制度の導入などにより,物質使用障害などを対象とするセルフヘルプグループへの行政からの期待は高まっている.一方,その開催状況は広く知られているとは言いがたく,日本において,セルフヘルプグループの「ダイレクトリー(要覧)」,および,それに基づく網羅的な量的研究が不足していることが一因として挙げられる.そこで,本研究では,特に先行研究が乏しい「12のステップ」と「12の伝統」を用いる「12ステップ系セルフヘルプグループ」19種を対象に,各団体のホームページ公開資料を基にダイレクトリーを作成し,算出した「月間開催時間」を従属変数に用いて,各都道府県におけるセルフヘルプグループの開催決定要因について量的分析を行った.その結果,「人口」,「中間施設数」,「治療資源数」が決定要因として有力であることが判明し,中間施設新設への協力,拠点医療機関の整備などが施策として有効と考察した.</p>

<p>Twelve-step self-help groups are the most popular self-help mutual aid groups in the world. In Japan, however, there has never been a "directory" of twelve-step groups, nor has any quantitative research been conducted about them. This manuscript examines the factors that affect meetings of twelve-step self-help groups in Japan, using a multiple regression analysis, with the total monthly meeting lengths in each prefecture as a target variable. For the data source, this study uses the meeting lists with locations collected from the websites of the local offices of nineteen twelve-step self-help groups in Japan. The results show that, the following variables:"population," "the number of half-way houses," and "the number of treatment resources" have affected total meeting lengths. It is recommended that prefectural governments wishing to increase the number of twelve-step self-help group meetings should support applications to build new half-way houses for alcoholics and drug addicts. Local governments should also promptly identify a key medical institution in each prefecture, to be based on the basic act on measures against alcohol-related harm.</p>

収録刊行物

  • 社会福祉学

    社会福祉学 58(4), 75-88, 2018

    一般社団法人 日本社会福祉学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130007409970
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00314800
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0911-0232
  • NDL 記事登録ID
    028928898
  • NDL 請求記号
    Z6-275
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ