GIS初学者のためのWebGISの実習用教材の開発  [in Japanese] Development of WebGIS e-learning materials for GIS beginners  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

WebGISは、インターネットを通じて地理情報データの表示、配信、検索、空間解析等を行うシステムであり、一般には、Google Mapsや地理院地図のように、Web上で地点の検索や表示領域の移動等の操作ができる地図(以下、Web地図とする)に用いられる技術として知られている。WebGISは1990年代後半から普及しはじめ、今日までに多種多様なツールやサービスが展開されてきた。また最近では、GISを専門としない者でも、容易にWeb地図の閲覧や地図の作成等を可能とし、かつ高機能なWebGISも増えつつある。WebGISは、GISのデータを効果的に視覚化し、地理学の研究成果をWeb上に広く公開できることから、GISとともに地理学系の学部で教育されることが望ましい。また、GISの基本的な教育項目を示すコアカリキュラムや地理情報科学の知識体系にも、WebGISに関する記載があり、GIS教育における重要性が伺える。一方で、WebGISによるサービスやライブラリを目的に応じて活用する手法や、それらを駆使してWeb地図を作成する手法について、GIS初学者が学習できる機会は限られている。この要因として、地理学系の学部ではWebGISをカリキュラムに持つ実習授業が少ないことや、その機能を高度に使おうと考えた場合に、APIやライブラリの利用に際して、JavaScriptやPythonに代表される多少のプログラミングの知識が必要なことなどがあげられる。GIS初学者がWebGISを活用するためには、地図の閲覧だけでなく、WebGISの地図サービスやライブラリ等の機能を利用する手法や、データを実装してWeb地図を自作する手法に関する実習授業と、そのための教材が必要である。そこで、GIS初学者向けにWebGISの活用手法をまとめた実習用教材の開発を行った。なお、教材の開発は、科学研究費補助金基盤研究(A)「GISの標準コアカリキュラムと知識体系を踏まえた実習用オープン教材の開発(課題番号:15H01782)」(研究代表者:小口 高)の一部で実施したものである。演者らはこれまでに、Web地図操作のためのGUI(Graphical User Interface)ツールの活用、Web地図ライブラリの活用、データ作成の3つの教材を整備してきた。これらの教材は、GISのコアカリキュラムと同様に、個々の教育環境や目的に応じて、利用者が必要な項目を選択し、学習することを想定している。そのため、上記した3つ教材では、利用者のニーズに沿うように、無償利用可能な各種のアプリケーション、ライブラリ、データを取り上げた。Web地図操作のためのGUIツールの活用の教材では、Web地図の操作や閲覧が容易にできる地図サービスである地理院地図、OpenStreetMap、Googleマイマップに関する教材を整備した。ここでは、上記した地図の閲覧手法よりも各サービスの機能の解説や利用手法を重視した。Web地図ライブラリの活用の教材では、最近の利用事例が比較的多いオープンソースのWeb地図ライブラリであるLeaflet、OpenLayers、D3.js、Cesiumを用いて、Web地図の表示やデータの実装手法を解説した教材を整備した。これらの教材は、シンプルなプログラムコードで実装できるように構成し、ノンプログラマのGIS初学者でも実習ができるように配慮した。Leaflet、OpenLayers、D3.jsの教材は、QGISのプラグインであるqgis2webやd3 Map Rendererを用いて、GUIで出力したファイルをベースにした解説を行った。また、サーバーがなくともプログラムのテストができるように、GitHubのGh-pagesを用いる手法について解説した教材も整備した。一方、専門用語が増えると学習内容の理解に時間を要するため、教材中の解説は最低限のものとした。さらに、一部の実習で利用できるサンプルデータや完成例を用意するなどして、効率的な学習ができるように工夫した。データ作成の教材は、Web地図での利用例の多いKML、CZML、GeoJSONのデータの記述手法について解説した。この教材では、サンプルコードをコピーしたものに手を加えるような形式で学習を進められるようにした。開発した教材は、一般公開に向けてGitHubを用いた試験公開(http://gis-oer.csis.u-tokyo.ac.jp/)を行っている。今後は、実習や学生の自主学習等に試用し、改良を進める予定である。

Journal

  • Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers

    Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers 2018s(0), 000197, 2018

    The Association of Japanese Geographers

Codes

Page Top