密度推定に基づいたタヌキに対する外来哺乳類(アライグマ・ハクビシン)の影響  [in Japanese] Effect of invasive raccoons and civets on the population density of native raccoon dogs  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 栗山 武夫 Kuriyama Takeo
    • 兵庫県立大学自然・環境科学研究所|兵庫県森林動物研究センター Institute of Natural and Environmental Sciences, University of Hyogo|Wildlife Management Research Center, Hyogo
    • 小井土 美香 Koido Mika
    • 東京大学大学院農学生命科学研究科 Graduate School of Agriculture and Life Science, The University of Tokyo
    • 宮下 直 Miyashita Tadashi
    • 東京大学大学院農学生命科学研究科 Graduate School of Agriculture and Life Science, The University of Tokyo

Abstract

外来種による生態系への影響として、類似した生態的地位を占める在来種との競争が挙げられる。従来、哺乳類における競争関係の評価は、同所的に生息する外来種と在来種の間で、食性や行動圏内の土地利用を比較することで行われることが多かった。しかし、種間関係は本来、広域スケールでの個体群密度の関係性を、共通する資源量を共変量として評価する必要がある。本研究では、千葉県南東部において在来種タヌキ<i>Nyctereutes procyonoides</i> に外来種アライグマ<i>Procyon lotor</i> とハクビシン<i>Paguma larvata</i> が負の影響を与えているかどうか検証することを目的として、3種の分布解析を行った。各種の局所個体群の密度指標は、行政担当者と猟友会会員に対して行ったワナ位置の聞き取りと、行政の捕獲数データを用いて算出した。また共通の資源としては、土地利用要素(果樹園・水田・畑・放棄田・市街地・森林面積・林縁長・水涯線長)を変数とした。階層ベイズモデルを用いた回帰分析の結果、タヌキは外来種アライグマから負の効果、外来種ハクビシンからは正の効果を受けていることが推察された。タヌキは農作物被害を引き起こす有害鳥獣として日本全国で年間2 万頭駆除されている。今後、外来種アライグマの分布拡大に伴い、タヌキの個体数が減少する恐れがあるため、タヌキの生息密度モニタリングや、種別に農作物被害に見合った駆除数を設定する必要がある。

One of the potential negative impacts of invasive species is competitive exclusion of native species that have similaror identical ecological niches. Even with extensive knowledge of the similarities between the diets and habitats of invasive andnative species, it is difficult to predict the long-term consequences of species interactions over varying spatial and temporalscales with variable resource levels. Here we apply a hierarchical Bayesian model to examine the roles of spatial variations inland use and population densities of the introduced raccoon <i>Procyon lotor</i> and civet <i>Paguma larvata</i> on the population density of the native raccoon dog <i>Nyctereutes procyonoides</i> in the south-eastern Boso Peninsula, central Japan. Our analysis reveals thatintroduced raccoons negatively affect raccoon dog populations. Substantial numbers of native raccoon dogs and the two invasivemammals have been removed by trapping to control damage to crops. Despite these control measures, the invasive raccoonpopulation has increased, which will likely lead to a reduction in the native raccoon dog population. It is thus imperative tomonitor the population trends of native raccoon dogs to conserve this species.

Journal

  • Japanese Journal of Conservation Ecology

    Japanese Journal of Conservation Ecology 23(1), 9-17, 2018

    The Ecological Society of Japan

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130007418059
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11857952
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1342-4327
  • NDL Article ID
    029118660
  • NDL Call No.
    Z18-B498
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top