布の触感「しっとり」に関する評価  [in Japanese] Hand Evaluation for "Shittori" Characteristic of Fabric  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

<b>目的</b> 基本風合いに関しては,様々なテキスタイルに対する客観評価式が確立されている. 基本風合いに含まれていない布の「しっとり」に関しては,現在,客観評価式がなく,繊維製品において,「しっとり」を謳った製品を商品化する際に,「しっとり」の判断は,科学的根拠に基づいた一定基準を設けてはおらず,官能検査に頼っていると言われている. 本研究では布の「しっとり」の客観評価式の確立を目指す上で,布の「しっとり」を数値化し,他の触感との寄与を明確化することを目的とする.<br><b>方法</b> これまでに筆者らが行ってきた「しっとり」に関する研究に用いた布45種を本研究の試料とした. 女子大生49名を対象に, SD法(7段階評定)により, 「しっとり」「やわらかさ」「あたたかさ」「なめらかさ」「肌触りのよさ」「厚さ」について官能検査を実施した. 得られた値を重回帰分析し,それぞれの触感との寄与度を測定した.<br><b>結果</b> 重回帰分析により得られた係数から,「しっとり」に最も高く寄与する触感は「肌触りのよさ」であり,「やわらかさ」は「なめらかさ」,「あたたかさ」は「厚さ」,「なめらかさ」は「肌触りのよさ」,「肌触りのよさ」は「なめらかさ」,「厚さ」は「あたたかさ」がそれぞれ最も高く寄与する触感であった. また,「肌触りのよさ」と最も高相関である触感は「しっとり」であり,その他の触感は,重回帰分析から得られた結果と同様であった.

Journal

  • Abstracts of Annual Congress of The Japan Society of Home Economics

    Abstracts of Annual Congress of The Japan Society of Home Economics 70(0), 64-64, 2018

    The Japan Society of Home Economics

Codes

Page Top