リーリン–ApoER2複合体構造に基づく,リガンド–受容体相互作用様式の解明 Structural Basis for Ligand Capture and Release by the Endocytic Receptor ApoER2

この論文にアクセスする

著者

    • 平井 秀憲 HIRAI Hidenori
    • 大阪大学蛋白質研究所附属蛋白質解析先端研究センター Research Center for State-of-the-Art Functional Protein Analysis, Institute for Protein Research, Osaka University
    • 禾 晃和 NOGI Terukazu
    • 横浜市立大学大学院生命医科学研究科生命医科学専攻 Graduate School of Medical Life Science, Yokohama City University

収録刊行物

  • 生物物理

    生物物理 58(4), 200-203, 2018

    一般社団法人 日本生物物理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130007420865
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00129693
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0582-4052
  • NDL 記事登録ID
    029205357
  • NDL 請求記号
    Z18-49
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ