視線によるコミュニケーションを支援するウェアラブルデバイスの開発と評価  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

<p>対人コミュニケーションにおいて、非言語情報は互いの感情や意図を理解するうえで重要な要素であり、そのひとつに視線が挙げられる。本研究では、視線コミュニケーションを行うことが難しい人を対象とした視線コミュニケーション支援デバイスAgencyGlassを開発し、その評価を行う。AgencyGlassは他者の注視方向を内蔵されたセンサモジュールによって検知することで、液晶上の目の映像を制御する。</p>

Journal

  • Proceedings of the Annual Conference of JSAI

    Proceedings of the Annual Conference of JSAI JSAI2017(0), 2E22in2-2E22in2, 2017

    The Japanese Society for Artificial Intelligence

Codes

Page Top