公的であり私的:ファン研究炎上の分析  [in Japanese] "It's Public, and also Private": An Analysis of Flaming Fan Studies  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

<p>オンラインサービスでは、ユーザーのコミュニケーション活動とコンテンツが公開される。 このオンライン情報は、ユーザー生成コンテンツの作成サイクルを加速するのに貢献する。 さらにこれらのサービスは、研究者がオンラインテキストを、社会活動の調査研究とも呼ばれる、人間活動を容易に分析するための公的な資源として利用することを可能にする。 しかし特に創造に関わる分野では、コンテンツが公開されている場合においても、プライバシーに関する論争の的になる問題が存在することを認識する必要がある。 本研究では、オンラインファンフィクション小説における性的表現の抽出とフィルタリングを試みた研究が起こした炎上事件のケースを通し、オンライン研究のための新しいガイドラインを作成しようと試みる。 本研究では法と倫理を含む工学と人文学の両方の分野の研究者が、それぞれの専門分野に応じて倫理的、法的、社会的問題を抽出した。</p>

<p>Online services make users' communication activities and content public. This online information has contributed to accelerating the creation cycle of user-generated content. Moreover, these services also allow researchers to utilize these online texts as a public source for easily analyzing human activities, also referred to as social sensing studies. However, we need to realize that there exists a controversial problem of privacy especially in the sensitive areas of creation, even though the content is public. This study tries to create new guidelines for online study using the case of the flaming of a study of female fan-fiction, which attempted to extract and filter sexual expressions using online fan-fiction novels as source. Researchers from the fields of both engineering and humanities, including law and ethics, discussed the violations in this case, and extracted ethical, legal, and social issues according to their specific areas of expertise.</p>

Journal

  • Proceedings of the Annual Conference of JSAI

    Proceedings of the Annual Conference of JSAI JSAI2018(0), 3H2OS25b04-3H2OS25b04, 2018

    The Japanese Society for Artificial Intelligence

Codes

Page Top