複眼カメラTOMBOを用いたフィールドモニタリング  [in Japanese] Agricultural Field Monitoring for Multi-Lens Camera TOMBO  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

<p>本研究では、軽量で小型なマルチスペクトルカメラTOMBOの農業への応用を提案する。農業分野では、マルチスペクトルカメラを搭載したドローンが作物の生育予測に使用される。 複数波長の画像から得られるNDVIやNDREといった生育指数は作物の状態を推定するのに有用である。しかし,現在農業に使用されているマルチスペクトルカメラは,大型のドローンへの搭載を前提としており,カメラのさらなる小型化が望まれている.TOMBOは小型・軽量かつカスタマイズ性にも優れており,ドローン搭載におけるメリットが大きい.TOMBOのフィールドモニタリングへの応用に向けて,既存の農業用マルチスペクトルカメラとの比較を通して検討を行う.</p>

<p>This paper proposes a multi-spectral camera that is light weight, compact size, and easy to use. In agricultural field, drones with hyper spectral cameras are sometimes used for growth prediction of crops. They can obtain a growth index of NDVI or NDRE that are useful for estimating crop status. However, there are few cases in practical aspects because such cameras are heavy, voluminous, and too expensive accurate instruments that require deliberate manipulation. The proposed camera resolves such practical issues in a practical agricultural situation.</p>

Journal

  • Proceedings of the Annual Conference of JSAI

    Proceedings of the Annual Conference of JSAI JSAI2018(0), 2G2OS10b04-2G2OS10b04, 2018

    The Japanese Society for Artificial Intelligence

Codes

Page Top