カメラを内蔵したインテリジェント薬箱による誤服薬リスクの軽減  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 鈴木 拓央
    • 筑波大学 システム情報工学研究科 知能機能システム専攻
    • 上瀬 雄太
    • 筑波大学 システム情報工学研究科 知能機能システム専攻

Abstract

<p>近年、医療費を削減するためにセルフ・メディケーションが推奨されており、我々は毎日適切な時期に適切な量の薬を服用し、健康状態を自ら良好に保つ行動が認知症の予防に役立つと考えた。しかし、認知力の低下に伴い誤服薬(飲み忘れや飲み重ねなど)を発生するリスクが高まるため、カメラやコンピュータを内蔵したインテリジェント薬箱を用いて誤服薬の前兆を検知し、本人やその介護者に通知するシステムを開発した。</p>

Journal

  • Proceedings of the Annual Conference of JSAI

    Proceedings of the Annual Conference of JSAI JSAI2011(0), 1A2NFC1b3-1A2NFC1b3, 2011

    The Japanese Society for Artificial Intelligence

Codes

Page Top