複数の熟練者の動作データの多様な提示が可能なインターフェースの提案  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

<p>従来の学習支援システムは一人の熟練者の動作を手本動作として保持していることが多いが、その動作が手本動作として最適とは限らないという問題点があった。本研究では、複数の熟練者の動作データがある場合、①任意の熟練者の動作データ、②全熟練者の動作データを平均化したデータ、③平均から最も近い動作データ、④体格の近い動作データ、以上①~④を学習者が選んで参考にできるシステムを提案し、試作システムを構築した。</p>

Journal

  • Proceedings of the Annual Conference of JSAI

    Proceedings of the Annual Conference of JSAI JSAI2015(0), 1L3OS15b3i-1L3OS15b3i, 2015

    The Japanese Society for Artificial Intelligence

Codes

Page Top