提示方法の違いによる情報アクセス行動の分析とWebインタフェース設計に関する一検討  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

<p>情報へアクセスするかどうかの判断は提示された情報を元におこなわれる。例えば、Webコンテンツであれば検索エンジンが提示するタイトルやスニペットが用いられる。提示される情報によっては、良質な情報であってもアクセスが阻害される場合もある。逆に不十分な情報であってもアクセスが促進される場合もある。本研究では提示される情報によりユーザの行動がどのように変化するか検証し、Webインタフェースの一検討を行う</p>

Journal

  • Proceedings of the Annual Conference of JSAI

    Proceedings of the Annual Conference of JSAI JSAI2012(0), 1C1R57-1C1R57, 2012

    The Japanese Society for Artificial Intelligence

Codes

Page Top