知能の軍拡競争:報酬の遅延によるエージェント同士の戦略の複雑化  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

<p>社会脳仮説によれば、人間の脳は社会において他者の意図を推測するために進化したとされる。他者の意図を読み、協力したり欺いたりする行為は、知的能力における軍拡競争を招き、知的能力の進化を後押しする。著者は有限状態オートマトンを使った遺伝的プログラミングの手法で、軍拡競争を後押しする利得条件を長期間にわたって調べた。</p>

Journal

  • Proceedings of the Annual Conference of JSAI

    Proceedings of the Annual Conference of JSAI JSAI2014(0), 2M11-2M11, 2014

    The Japanese Society for Artificial Intelligence

Codes

Page Top