小学校におけるアルファベット指導の再考:―文字認知を高めるデジタル教材の開発と実践―  [in Japanese] Reconsideration of Alphabet Instruction at Elementary School::Development and Practice of Digital Materialto Increase Children's Recognition of Letters of the Alphabet  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

<p><tt>次期学習指導要領改訂の審議の中で,アルファベットの読み書きを</tt>5, 6 <tt>年生の学習内容に含むことが検討されている(文部科学省,</tt>2016<tt>)。読み書きが導入された場合,「読むこと」では歌やカルタ取りを,「書くこと」ではペンマンシップのようなオーソドックスな手法がイメージされやすい。ペンマンシップの活用により「正確に書く」ことを重視する懸念もある。しかし,「正確さ」を目的とすると,記号を暗記するような単純作業になり,個人差も生じやすく,児童の英語への意欲を損なわせることにもなり兼ねない。本研究では,アルファベットの大文字が</tt>700 <tt>年以上かけて小文字に変化した過程を見せる</tt>ICT <tt>教材を開発した。そして,大学の附属及び公立の小学</tt>5, 6 <tt>年生の授業で,各アルファベットがどのように変化してきたかをグループ活動で扱ったところ, アルファベットの小文字の書き取りで,事前・事後調査の間に有意な差が認められた。さらに,小文字の成立ちに興味を持ち,皆で楽しみながら文字の学習をしたことが明らかになった。</tt></p>

Journal

  • JES Journal

    JES Journal 17(01), 20-35, 2017

    The Japan Association of English Teaching in Elementary Schools

Codes

Page Top