知的障害を伴う自閉スペクトラム症児における物の名称理解に及ぼす動作対提示の効果 Effects of Using Gestures Paired With Verbal Instructions on Receptive Language Concerning Object Names: Young Child with Autism Spectrum Disorder

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p><b>研究の目的</b> 物品の名称理解に困難を示す無発語の自閉スペクトラム症男児1名を対象に、動作を音声刺激と対提示する手続きが物の名称理解に及ぼす効果について検討した。<b>研究計画</b> 刺激セット間多層ベースラインデザインを用いた。<b>場面</b> 大学の遊戯室で行った。<b>対象児</b> 自閉スペクトラム症の診断を受けており、動作模倣が可能な男児1名を対象とした。<b>介入</b> 研究Ⅰでは、実物に対応する音声指示と動作を対提示した。研究Ⅱでは絵カードを使用し、絵カードを触る手続きを付加し、動作対提示とカードタップの有無に応じた4種類の介入を行った。<b>行動の指標</b> 見本合わせ課題における各ブロックの正反応率を従属変数とした。<b>結果</b> 研究Ⅰでは、音声指示と動作を対提示する介入手続きにより、対応する三次元の実物を正しく選択できるようになった。研究Ⅱでは、カードタップと動作対提示の両方を実施する介入によって、全ての刺激において正しい選択ができるようになった。<b>結論</b> 動作対提示手続きが物の名称理解の促進に有効であること、また用いる動作が物品の特性と類似していなくても有効であることが示唆された。</p>

<p><i>Study objective</i>: To investigate effects of using gestures when teaching receptive language to a young child with autism spectrum disorder (ASD). <i>Design</i>: Multiple baseline design across stimuli. <i>Setting</i>: A playroom at a university. <i>Participant</i>: A 6-year-old non-verbal boy with autism spectrum disorder who could imitate simple gestures. <i>Intervention</i>: In Experiment 1, gestures of 3D objects were paired with verbal instructions corresponding to the objects' names. In Experiment 2, 4 interventions were conducted according to the presence of gestures and picture tapping. <i>Measure</i>: Percentage of correct responses in a matching-to-sample task for receptive language of object names. <i>Results</i>: In Experiment 2, the boy acquired receptive language of 3D object names using gestures. The results of Experiment 2 indicated that the most effective procedure was to have him tap the pictures before the gestures were presented. <i>Conclusion</i>: These results suggest that using gestures, even those that are dissimilar to features of an object, paired with verbal instructions may be effective for teaching receptive language of object names to young children with autism spectrum disorder.</p>

収録刊行物

  • 行動分析学研究

    行動分析学研究 32(1), 36-50, 2017

    一般社団法人 日本行動分析学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130007437300
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10150936
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-8013
  • NDL 記事登録ID
    028513632
  • NDL 請求記号
    Z19-2121
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ