子どもの発達支援のための足部の形状評価システムの開発 Development of a feet shape assessment system for progress support on child

この論文にアクセスする

著者

抄録

<p>[背景] 小学生の4割に外反母趾が発生していると報告されている.外反母趾の原因は,靴などの外的因子も挙げられるが,骨格形状の影響が大きいと考えられる.発達の観点から,足部の骨格形成は20歳で完成する.10歳前後は軟骨であった足部の骨化が盛んな時期であり,課題が明らかになれば早期介入で改善の可能性が高いと考えられる.しかし足部の骨格形成を評価するシステムはなく,定量的調査は行われていない.[目的] 本研究では,足部形状を評価するためのシステムを開発し,有用性と足部の課題の調査を行った.開発したシステムは,スマートフォンを用いて対象者の足部周囲を360度撮影することで,足部の3次元再構成が実現でき,特徴量を抽出することで評価を行う.本システムを用いて解析対象とした部位は,中足部の回内,足部の厚み等である.足部の医学的調査は足部を専門とする医師が評価した.[方法] 対象者は小学生250名である.対象者は自然な立位を保持し,視点は1点を見つめ,動かないよう指示した.撮影時間は約10秒である.[結果・考察] その結果,医学的見地から,7割を超える対象者に対策すべき課題があり,そのうち2割は早期介入が必要であることがわかった.さらに本システムで,回内足などの定量的評価が行える可能性が示唆された. 以上より,本システムで足部の課題を抽出することで足部の発達支援につなげられる可能性が見出された.</p>

<p>It is reported that hallux valgus occurs in 40% of elementary school-age children. The reasons for hallux valgus may be attributed to external factors such as footwear, but bone structure has a large impact. In this study, we developed a system to evaluate the foot shape, and studied the feet of 250 elementary school-age children.The system that was developed allowed 360 degree photography of the subject's feet using a smartphone, thus allowing 3 dimensional recreation of the feet, and allowing feature extraction analysis to be performed. It was learned that more than 70% of the subjects had issues which required treatment from a medical standpoint, and out of those, 20% required immediate treatment. It was also suggested that the system employed in this study could quantitatively assess foot pronation.From the above, a possibility to support foot development by extracting issues of the foot using this system was shown.</p>

収録刊行物

  • 生体医工学

    生体医工学 Annual56(Abstract), S363-S363, 2018

    公益社団法人 日本生体医工学会

各種コード

ページトップへ