援助要請に焦点を当てたカウンセリングに関する理論的検討 Theoretical Examination about “Help-seeking Focused Counseling”

この論文にアクセスする

著者

抄録

本論文の目的は援助要請への介入研究を「援助要請に焦点を当てたカウンセリング」としてとらえ直し,援助要請への介入研究の現状を展望し研究・実践上の課題を示すことである。本論文では,(1)援助要請に焦点を当てたカウンセリングの目的と標的,(2)援助要請への介入研究を6つに分類する理論的枠組み,を示して先行研究を整理した。最後に,援助要請に焦点を当てたカウンセリングの今後の検討点と課題を示した。

The aim of this paper was to propose the theoretical framework for research about interventions for help-seeking as “help-seeking focused counseling.” The main ideas in this paper were the purpose and target of “help-seeking focused counseling,” and six kinds of interventions as the theoretical framework. Future research about “help-seeking focused counseling” was discussed.

収録刊行物

  • カウンセリング研究

    カウンセリング研究 50(1), 23-31, 2017

    日本カウンセリング学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130007485170
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10071578
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0914-8337
  • NDL 記事登録ID
    029108952
  • NDL 請求記号
    Z7-943
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ