「主婦」から「子ども」の国へ:ノルウェーにおける戦後育児政策の変遷 Not for Housewives, but for Children:Historical Transition of Norwegian Childcare Policy during the Post-war Period

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本論文は、ノルウェーにおける戦後育児政策を検討するものである。1960年代までノルウェーは「主婦の国」 と呼ばれており、労働力不足であったはずの戦後復興期にも女性が労働力として注目されることはなかった。しかし1970年代以降、パブリック・セクターの拡大に伴い、母親を含めた女性の労働市場への進出が本格化、「主婦」というカテゴリーは失効していく。そこで前景化したのが 「子ども」である。近年は現金による育児手当など、「主婦」ではなく「子ども」の価値を強調することによって、男女の性差を前提とした政策が実施されている。それは、国家フェミニズム成立時の「母親」と「国家」の同盟が、ノルウェーにおいては男女の差異を前提として成立したためだと考えられる。

This paper explorers Norwegian childcare policy during the post-war period. Norway was called "Housewives County" and women were not recognized as labour force in the face of labor shortages until the l960s. However, the category of "housewives" had less value because more women had participated in the labour market with the expansion of public sector. Instead of "housewives", the value of "children" has been brought to the fore. As typified by cash benefit for childcare conducted in 1998, childcare policy in Norway was based on gender differences, emphasizing the value "for children" in these days. This research suggests that state feminism, the alliance between mother and state, was formed in dependence upon gender differences, and it is still important factor affecting Norwegian childcare policy.

収録刊行物

  • 北ヨーロッパ研究

    北ヨーロッパ研究 8(0), 53-62, 2012

    北ヨーロッパ学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130007492515
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12182603
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1880-2834
  • NDL 記事登録ID
    023913682
  • NDL 請求記号
    Z71-N740
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ