<b>1960 年代後期イギリス・シェフィールド市における盲児を対象とした</b><b>インテグレーションの導入とその要因 </b> <b>The Supporting Factors and the Reasons behind the Implementation of Integrated Education for</b><b> the Blind in the Late 1960s, Sheffield, England </b>

この論文にアクセスする

著者

抄録

<p>本研究は、イギリス国内で市が全面的に関与する初めての事例となったシェフィールド市における盲児のインテグレーションの実態と、その成立条件を明らかにすることを目的とした。シェフィールド市は、従来より、障害児の教育の場をめぐっては柔軟な考えを有していたが、盲児のインテグレーションの考案から実働まで中心的役割を担った盲学校校長トゥーズや支援員ウィテカーなどのカリスマの出現は必要条件であった。また同実践が一部の関係者のみならず、地域住民や行政を巻き込んだ一大プロジェクトとなった一つには、1960年代に教育的・社会的趨勢となっていた中等学校改革と連動していたことも挙げられる。同実践は教育そして社会全般の改革を意図した大きな動きの中で実施されたのであった。</p>

<p>This research aimed to clarify the actual condition and the supporting factors in the City of Sheffield's integration scheme for the blind in the late 1960s. Although the city had always been flexible towards how and where children with special educational treatment are educated, the existence of charismatic persons such as E.H.G.Tooze and J. Whittaker of the Tapton School for the Blind was indispensable. The integration scheme also involved people from various backgrounds such as from state administration to the local public. Behind this, the scheme being in conjunction with the city's comprehensive school movement acted as a key. The integration scheme of the blind was not just a merit for the blind or their parents, but a merit for the whole community aiming towards social equality.</p>

収録刊行物

  • 障害科学研究

    障害科学研究 42(1), 69-79, 2018

    障害科学学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130007496199
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12215065
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    departmental bulletin paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    1881-5812
  • NDL 記事登録ID
    029042745
  • NDL 請求記号
    Z7-1307
  • データ提供元
    NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ