<b>自閉スペクトラム症児童が在籍する小学校通常学級の朝の準備場面における</b><b>相互依存型集団随伴性に基づく支援の効果 </b> <b>Effects of Interdependent Group-oriented Contingency Interventions Regarding Morning Preparations of Regular Elementary School Classrooms that Include Students With </b><b>Autism Spectrum Disorder </b>

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p>本研究の第一の目的は、小学校通常学級の朝の準備場面に相互依存型集団随伴性に基づく支援を適用し、学級全児童の準備行動に対する効果を検討することであった。 また、自閉スペクトラム症( ASD) 児童について、集団随伴性に基づく支援のみで行動変容を促すか検討することを第二の目的とした。対象者は、公立小学校の3 年生の 3 学級の児童であった。各学級の児童数は32名で、1 名ずつASD児童が在籍していた。 準備行動とは、午前8 時15分までにロッカーにランドセルを入れることと着席すること、午前8 時30分までに連絡帳を書いて担任の机に持って行くことであった。学級間多層ベースラインデザインを用いて、学級全児童のランドセルをロッカーに入れる準備行動に対する効果を検討した。その結果、3 学級の全児童の準備行動が遂行できるようになった。ASD児童2 名は、特別な支援がなくても準備行動が改善した。相互依存型集団随伴性に基づく支援の適用によって、準備行動の改善が困難であるASD 児童1 名が抽出され、その後に個別支援を行った。このことは、学級全体に対する相互依存型集団随伴性に基づく支援が、スクリーニング機能も果たしたと考えられた。</p>

<p>In the present study, we examined the effects of interdependent group-oriented contingency interventions regarding morning preparations on all students, and on students with autism spectrum disorder (ASD). Each targeted class had 32 students, and each class included a student with ASD in a regular elementary school; in total, 3 third-grade classrooms were targeted. The target behaviors were morning preparations (e.g., sitting down at one's desk and placing one's school bag in the classroom locker before 8:15 am). The experimental design was a single-subject design across three classrooms. In all three classrooms, target behavior data improved during the group contingency compared to the baseline levels. For two students with ASD, the results included positive behavioral change during the class-wide intervention. Only in one of three classes, the intervention plans could not produce positive behavior changes for the student with ASD. Results of this study indicated that interdependent grouporiented contingency interventions function as behavior-screening for students who need individual support.</p>

収録刊行物

  • 障害科学研究

    障害科学研究 42(1), 1-15, 2018

    障害科学学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130007496228
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12215065
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    1881-5812
  • NDL 記事登録ID
    029042652
  • NDL 請求記号
    Z7-1307
  • データ提供元
    NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ