<b>発達障害学生支援における学生自身による効果評価の試み </b> <b>Preliminary Evaluation of Learning Supports by College Students </b><b>with Developmental Disabilities </b>

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 佐々木 銀河 SASAKI Ginga
    • 筑波大学ダイバーシティ・アクセシビリティ・キャリアセンター Center for Diversity, Accessibility and Career Development, University of Tsukuba
    • 青木 真純 AOKI Masumi
    • 筑波大学ダイバーシティ・アクセシビリティ・キャリアセンター Center for Diversity, Accessibility and Career Development, University of Tsukuba
    • 五味 洋一 GOMI Yoichi
    • 群馬大学大学教育・学生支援機構学生支援センター Student Service Center, Organization for Higher Education and Student Services, Gunma University

抄録

<p>大学の障害学生支援部署で修学支援を受ける発達障害のある学生9名を対象に、学生による修学支援の効果評価を予備的に実施した。研究の目的は、修学支援の効果を肯定的に評価した学生および修学支援の効果が見られなかった学生の特徴を明らかにすることであった。各学生に対して支援開始前(4~6月)および支援を行った後(翌年1~3月)において修学支援の効果に関するアンケートへの回答を依頼した。その結果、修学支援の後にアンケート得点の有意な増加が見られた。修学支援の効果を肯定的に評価した学生の特徴として「音声の聞き取り」や「時間管理」に関する課題を有していたことが明らかとなった。一方で、支援の効果が見られなかった学生では「講義の出席」に関する課題を有していた。今後は、講義に出席すること自体に困難を有する学生への修学支援のあり方について検討すること、修学支援の効果評価における信頼性や妥当性を向上させることが課題として挙げられた。</p>

<p>Characteristics of college students with developmental disabilities who evaluated the effects of learning support positively and those that considered the support was not effective were investigated. Preliminary evaluation of the effects of learning support was conducted by students with developmental disabilities (N=9). They were receiving support from the office for students with disabilities in university. A questionnaire on the effects of learning support was conducted before and after learning supports. The results indicated a significant increase in the scores after receiving support. Students that positively evaluated the effects had problems in listening and time management. On the other hand, students that considered the support was not effective had problems in attending lectures. In the future, it would be necessary to examine learning support for students with difficulties in attending class. Furthermore, it is suggested that the reliability and validity of evaluating the effects of learning support should be improved.</p>

収録刊行物

  • 障害科学研究

    障害科学研究 42(1), 247-256, 2018

    障害科学学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130007496244
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12215065
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    1881-5812
  • NDL 記事登録ID
    029042990
  • NDL 請求記号
    Z7-1307
  • データ提供元
    NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ