<b>選択性緘黙の有病率に関する文献的検討 </b> <b>A Brief Review of the Literature on the Pr</b><b>evalence of Selective Mutism </b>

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p>本研究では、選択性緘黙の有病率に関する先行研究を概観し、有病率の推定値とその根拠資料を把握することを目的とした。対象とする先行研究は英文および和文の学術誌に掲載された選択性緘黙の有病率を調査した論文を選定した。選定基準に適合した16編の論文を分析対象とし、12の項目について分析した。調査研究の対象年齢は3.6~17歳で、有病率は0.02~1.89%であった。また幼稚園および学校で調査を実施した論文が12編、クリニックで実施した論文は4 編であった。選択性緘黙の診断基準としてDSM-III-Rを用いた論文は1 編、DSM-IVを用いた論文は8 編、DSM-5を用いた論文は1 編、記載のない論文は6 編であった。和文誌は4 論文と少なく、最近の日本の選択性緘黙の有病率に関する大規模の調査は見当たらず、今後、日本における選択性緘黙の現状を把握する必要がある。また、今後の研究では選択性緘黙の発症時期について検討する必要がある。</p>

<p>The present study reviewed previous research on the prevalence of selective mutism to provide an overview of evidence-based references and estimate its prevalence rate. Of the previous research published in English or Japanese academic journals, 16 studies were selected on the basis of our inclusion criteria and analyzed in 12 items. The age range of the subjects was from 3.6 to 17, and the range of the prevalence rate was between 0.02 to 1.89%. Twelve studies were conducted at kindergartens or schools, and four were conducted at clinics. Regarding the diagnostic criteria, one study was based on DSM-III-R, eight was on DSM-IV, one was on DSM-5, and six other studies did not state what diagnostic criteria they employed. Very limited studies have been published in Japanese journals, and the total number was only four. There is no extensive research on the prevalence of selective mutism conducted in Japan in recent years. Thus, future research is highly needed to investigate the status of selective mutism in this country as well as examine the age of onset.</p>

収録刊行物

  • 障害科学研究

    障害科学研究 42(1), 227-236, 2018

    障害科学学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130007496293
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12215065
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    1881-5812
  • NDL 記事登録ID
    029042964
  • NDL 請求記号
    Z7-1307
  • データ提供元
    NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ