外洋性港湾における船舶係留の現状分析および緊急安全システムの構築  [in Japanese] CURRENT ANALYSIS OF SHIP MOORING AND EMERGENCY SAFE SYSTEM  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

外洋性港湾にて発生する長周期波による係留問題について,関連研究が実施されて約20年が経過するが,その運用状況について全国規模でのアンケートおよび現地調査を実施した.この結果,財政事情の厳しさ等もあり,対策工が実現した港湾は少ない.この中でも太平洋に面した港湾の石炭船バースを対象に港内外の長周期波を含めた波浪条件をデータ分析し,港内静穏度の指標である港内有義波が閾値内であっても必ずしも長周期波は閾値内に収まっていない.現状では波浪予報にて長周期波の状況を予測,沖待ちを含めた対応を取っているが,予報が的中しない状況を想定したセーフティネット,沖待ちを減少させることを目指した係留システムの増強による緊急安全システムをシミュレーション結果より提案する.対策工ごとの必要投資額とその費用対効果も同時に評価することで,実現可能性も高めることが期待される.

 Current situation of ship mooring is analyzed with the nationwide questionnaire and field survey. It is found that proposed countermeasures have not been in practical use for two decades because of the finalcial deficit nowadays, etc. In one of the Japanese ports, it is shown that reducing wave height inside harbor do not necessarily substantialize low long-period waves. The emergency safety system is newly shown as the combination of wave forecasting with improved mooring system, to prevent danger situations and additional costs. The methodology is considered from viewpoint of cost-effectiveness.

Journal

  • Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering)

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 74(2), I_1399-I_1404, 2018

    Japan Society of Civil Engineers

Codes

Page Top