Ollier病による上腕骨変形に対して,三次元変形解析を行い変形矯正と単支柱型創外固定器を用いた仮骨延長を行った1例  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

<p>Ollier病による上腕骨変形に対する治療はMultiaxial correction systemを用いた報告が多い.これは創外固定器装着後に変形矯正が可能だが,衣服の着脱が困難で女性への適応は躊躇することが多い.単支柱型創外固定器を用いて変形を矯正し得た症例を報告する.14歳,女児.進行する左上腕変形のため,外観が気になるようになった.単純X線像で上腕骨近位約80%は内軟骨腫に占拠され,3D-CTでは健側と比較して外反65°伸展37°,内旋22°変形し,45 mm短縮していた.手術は3D-CTシミュレーション通りに骨切りを行い,変形を矯正した後,単支柱型創外固定器を装着した.仮骨延長を行い,延長量は43 mmでhealing indexは45 days/cmであった.創外固定器装着中も衣服の着脱は容易で,愁訴はなかった.最終観察時,変形は矯正され外観に満足している.</p>

Journal

  • Orthopedics & Traumatology

    Orthopedics & Traumatology 67(4), 799-803, 2018

    West-Japanese Society of Orthopedics & Traumatology

Codes

Page Top