ステンレス鋼を透過した重水素の挙動観察  [in Japanese] Observation of behavior of deuterium permeated through stainless steel  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

金属中の水素挙動の解明は,水素脆化などの観点から重要である.この解明のため,我々は走査型電子顕微鏡をベースに開発した装置を用いてステンレス試料を透過した重水素を,電子衝撃脱離(ESD)によってイオン化し検出することで試料表面の重水素分布を得た.試料温度473 K,水素導入圧力0.1 MPaで行った.この実験条件で得られた分布と結晶構造を比較すると,結晶構造毎に重水素分布の違いが生じた.

Journal

  • Abstract of annual meeting of the Surface Science of Japan

    Abstract of annual meeting of the Surface Science of Japan 2018(0), 142, 2018

    The Japan Society of Vacuum and Surface Science

Codes

Page Top