炭化したシャープペンシル芯からの電界電子放出特性とエネルギー分析  [in Japanese] Emission properties and energy analysis of field emission from graphitized pencil lead  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

本講演では炭化したシャープペンシル芯先端からの電界電子放出特性について、FEMやFIM、エネルギー分析結果にもとづいて議論する。シャープペンシル芯断面には、断面に対して垂直に配向したグラファイトが多く含まれている。そのため、芯先端に効率よく電界集中を引き起こすことができ、数V/μmという低電界で電子放出が得られる。よって、炭化したシャープペンシル芯は、安価で簡便に作製可能な電子源として期待できる。

Journal

  • Abstract of annual meeting of the Surface Science of Japan

    Abstract of annual meeting of the Surface Science of Japan 2018(0), 132, 2018

    The Japan Society of Vacuum and Surface Science

Codes

Page Top