Ag(110)上単分子層をテンプレートとした高配向有機薄膜の作製  [in Japanese] Fabrication of Highly Oriented Organic Thin Films Utilizing Well-Ordered Monolayer as Template  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

高効率有機デバイスの実現には、結晶性薄膜の形成が必要である。本研究ではPiceneなどの分子の薄膜形成過程の解明のため、異方的な表面を持つAg(110)基板上に、これらの分子の高配向膜の作製を行なった。この試料を用いて、STM計測や電子状態の変化を計測した。この結果、これらの分子は基板の列方向を反映した単分子層を形成し、この構造をテンプレートとして結晶性の高い多層膜の作製が可能となった。

Journal

  • Abstract of annual meeting of the Surface Science of Japan

    Abstract of annual meeting of the Surface Science of Japan 2018(0), 309, 2018

    The Japan Society of Vacuum and Surface Science

Codes

Page Top