ピリジン型窒素含有分子を用いた酸素還元反応触媒の活性における電子状態効果  [in Japanese] Effect of electronic structure for activities of ORR catalysts with pyridinic nitrogen containing molecules  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

我々のグループでは、窒素ドープカーボン中のピリジン型窒素がORR活性点を形成していることを特定してきた。本研究では、様々な局所構造を持つピリジン型窒素含有分子をカーボンブラック担体に吸着させたモデル触媒の活性を調べ、1,10-phenanthroline型の構造が高い活性を示すことを明らかにした。XPS等の分光とDFT計算を合わせ、活性における電子状態の効果を議論する。

Journal

  • Abstract of annual meeting of the Surface Science of Japan

    Abstract of annual meeting of the Surface Science of Japan 2018(0), 423, 2018

    The Japan Society of Vacuum and Surface Science

Codes

Page Top