「食べる通信」の運営実態と展開要因:生産者と消費者を繋ぐ新たなプラットフォームの可能性  [in Japanese] A Study on Actual Management and Development Process of the Magazine with Food:The Potential of a New Platform for Producers and Consumers Exchange  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

このように,食べる通信は,生産者と消費者を繋ぐ,いわばプラットフォームとして新しく創出され,更なる展開が期待されるにもかかわらず,その実態すら把握されていない。そこで本研究では,まず第II章において,「食べる通信」の運営実態を明らかにし,考察からそのビジネスモデルをプラットフォームと捉えることで,「食べる通信」が持続可能な産消連携プラットフォームとして機能している点を明らかにした。つぎに,「食べる通信」の展開に関して,発行地域が全国的に拡大している要因を明らかにすることを目的に,第III章で地域への展開の様子を整理した。第IV章では,各地で「食べる通信」を立ち上げた運営代表者(「編集長」と呼ばれる,以下,編集長とする)の創刊における意向や,障壁となった課題を分析し,その展開の要因を考察した。なお,プラットフォームという用語については,様々な定義があるが,本稿では国領(2011)の「多様な主体が協働する際に,協働を促進するコミュニケーションの基盤となる道具や仕組み」という定義に基づいている。

<p>The purpose of this study is to clarify actual management and development process of the Magazine with food, which can be regarded as a new platform for producers and consumers exchange. The characteristics of the Magazine is product which foods and information of producers are combined, and it prepares an on-line community which producers and consumers always exchange. By reversing the conventional master(food) and servant(media), it obtained sustainable management. Three development factors are as follows. The first factor is to be considered as not food service but new "media". The second is management policy that respects each local independence, and the third is management system that shares a payment system and important knowledge.</p>

Journal

  • JOURNAL OF RURAL PLANNING ASSOCIATION

    JOURNAL OF RURAL PLANNING ASSOCIATION 36(Special_Issue), 258-263, 2017

    THE ASSOCIATION OF RURAL PLANNING

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130007519892
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00386889
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • ISSN
    0912-9731
  • NDL Article ID
    028705964
  • NDL Call No.
    Z18-1918
  • Data Source
    NDL  IR  J-STAGE  JASI 
Page Top