コミュニティアーカイブとしての東日本大震災アーカイブ―オープンデータ連携による利用性の向上 Digital Archives of Great East Japan Earthquake as a Community Archive - Enhancing Usability through the Linking of Archives in Open Data Environments

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p>東日本大震災に関する記録を集めたデジタルアーカイブが多く作られ、国立国会図書館はそれらのポータルとして東日本大震災アーカイブひなぎくを提供している。現在、こうしたデジタルアーカイブの利活用性の向上が求められている。本稿では、筆者等がこれまでの研究から得た知見に基づきメタデータの視点から東日本大震災アーカイブにおける利活用性の課題に触れ、さらに、オープンデータ環境を利用したアーカイブ内ならびにアーカイブ間でのコンテンツ集約による利活用性の向上について述べる。最後に、アーカイブのコンテンツを結ぶことによる利活用性向上について考察する。</p>

<p>There exist many digital archives for disasters caused by Great East Japan Earthquake, and Japan's National Diet Library (NDL) provides a central portal for these archives named Hinagiku. The aim of this paper is to discuss issues regarding the improved usability of the digital archives. This paper first discusses usability issues based on the authors' experiences in their research projects mainly from the viewpoint of metadata in Open Data Environments. Then, it presents a few experimental results from the aggregation of archived contents within an archive as well as across archives. Lastly, it discusses the importance of the linking and aggregation of archived contents in order to improve the usability of the digital archives of disaster resources.</p>

収録刊行物

  • デジタルアーカイブ学会誌

    デジタルアーカイブ学会誌 2(4), 359-363, 2018

    デジタルアーカイブ学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130007520311
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12848491
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    journal article
  • ISSN
    2432-9762
  • NDL 記事登録ID
    029712896
  • NDL 請求記号
    Z74-K346
  • データ提供元
    NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ