科学系博物館における聴覚障害者の学習を支援するコンテンツのユニバーサルデザインに関するワークショップ:聴覚障害のある中学生による評価  [in Japanese] A Workshop of Universal Design for Learning Contents supporting Hearing-Impaired People in Science Museum:Evalation by Hearing-Impaired Junior High School Students  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

<p>本研究では, 聴覚障害者の科学系博物館における学習を支援するコンテンツのユニバーサルデザインについて焦点を当て, デザイナーとユーザーが直接関わるワークショップを通して検討を行うことを目的とする。 本稿では, 2017 年 10 月~ 2018 年 1 月にかけて実施したワークショップで開発されたコンテンツの評価について報告する。 ワークショップでは, 「鳥のくちばしのひみつ」, 「角」, 「ダーウィンフィンチ」 の 3 つの学習コンテンツが開発された。 評価の結果, これらのコンテンツは聴覚障害のある中学生の学習内容に関する興味 ・ 関心を引き出したことがわかった。</p>

Journal

  • JSSE Research Report

    JSSE Research Report 33(2), 107-110, 2018

    Japan Society for Science Education

Codes

Page Top