日本の株式市場におけるボラティリティの長期記憶性とオプション価格  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

<p>近年,資産価格のボラティリティには長期記憶性があるとの指摘が数多くなされている.そこで本稿では,日経225株価指数のボラティリティに長期記憶性があるかどうか,また,ボラティリティの長期記憶性を考慮することで日経225オプションの価格をより正確に捉えることができるかどうか分析を行った.さらに株式市場では,価格が上がった日の翌日よりも下がった日の翌日の方がボラティリティは上昇する傾向があることが知られているため,ボラティリティの長期記憶性に加え,そうした非対称性も考慮できるFIEGARCHモデルを用いて分析を行った.異なる78の期間で擬似尤度に基づくLM検定を行った結果,多くの期間でボラティリティの長期記憶性と非対称性が検出された.また,FIEGARCHモデルを用いることで実際のオプション価格をより正確に捉えられることも明らかになった.</p>

Journal

  • Gendai Finance

    Gendai Finance 24(0), 45-74, 2008

    Nippon Finance Association, MPT Forum

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130007528292
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11480424
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • NDL Article ID
    9712352
  • NDL Source Classification
    ZD18(経済--金融)
  • NDL Call No.
    Z71-D327
  • Data Source
    CJPref  NDL  J-STAGE 
Page Top