徳島大学における情報システムBCPおよび非常時のワイヤレスアクセスラインの整備 Information System BCP and Long Distance Wireless Access Preparing for Disaster Recovery by Tokushima University

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p>徳島大学は南海トラフ大地震に早急に備えるべき地理条件下にありながら,遅々として情報システムBCPの対策は進んでいなかった.東日本大震災での教訓を得てこの対策を進める機運は高まり,結果として平成25年度末までに情報システムに関するBCPの基盤整備とともに,非常時にも外乱を受けにくいユーザ向けアクセスラインを整備した.これらの対策は,平時にも活用できる環境となる.本論文では,徳島大学の地理条件や既存の基盤整備上のBCPに関する解決すべき課題を鑑みた要件定義およびシステム設計について論じる.特に,対災害という視点では,単一的な視点で語るべきではなく,総合的な視点が必要であるため,本論文では多面的なアプローチをとる.</p>

<p>A geographical issue of Tokushima University gives the alarm on preparing for expected natural disasters near Nankai-Trough area. However, the university was slow to act so far according to several problems to be solved. The impact of the Great East Japan Earthquake in 2011 made us change our mind of the priority for investments relatively. The university has actually installed and prepared the BCP infrastructure with wireless communication networks on the whole. This paper describes such integrated environments taking geographical conditions into account.</p>

収録刊行物

  • 学術情報処理研究

    学術情報処理研究 18(1), 99-107, 2014

    国立大学法人 情報系センター協議会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130007528515
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1343-2915
  • NDL 記事登録ID
    025880736
  • NDL 請求記号
    YH247-1442
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ