公議人の変遷について  [in Japanese] List of Koginin  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

<p> 近年公議所の研究は進展してきたが、誰がその役をつとめてきたかという基本的なデータについてはまとめられてこなかった。そこで本論文は、公議所とその後身である集議院の構成員(公議人・議員)について、明治2 年3 月、5 月、10 月の3つの段階でそれぞれ明らかにした。また、公議人は近世の江戸留守居役の系譜をひき、酒楼などで多くの会合を重ねる「茶屋政治」も引き継がれていることが指摘されてきた。しかし、留守居役組合と公議所分課の構成員をみると単純な連続性ではなく、近世以来のネットワークと公議所でのグルーピングが重層構造である可能性を指摘した。</p>

Journal

  • Tokyo Future University bulletin

    Tokyo Future University bulletin 7(0), 165-175, 2014

    Tokyo Future University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130007531232
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12313596
  • Text Lang
    JPN
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1882-5273
  • NDL Article ID
    025874041
  • NDL Call No.
    Z71-V864
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top